株式会社エミネントスラックス

(株)エミネントスラックス 松浦工場

取材日:2021年3月26日

当社は、1969年長崎県松浦市誘致企業1号として創業いたしました。裁断・縫製の松浦工場と検反・物流を担う星鹿センター2つの拠点を持ち、1日約800本、年間約21万本の男性用のスラックスを生産しています。国内では男性用のスラックスの生産は年間1億本生産され、およそ97%が海外で生産・残り国内では3%の300万本です。その内の7%を当社で生産しております。全員が地元採用で女性が9割を占めています。『最高品質の商品を1本1本丁寧に早く作製し、お客様へ責任を持って提供します』をスローガンに、日々進化していく工場を目指して生産活動に邁進しております。

事業内容

  • 国内大手百貨店、量販店、専門店、アパレル企業用の紳士スラックスの製造
  • パターンオーダースラックスの製造
  • MADE IN NAGASAKIブランド『WESTORY』のスラックス製造及び販売
  • factory live shop(工場内常設ショップ)での物品販売
  • 「新型コロナウイルス対策・長崎県対応1番企業」目指し 抗菌抗ウイルス溶剤噴霧による衣料、マスクの製造販売及び抗菌抗ウイルス溶剤の空間噴霧を実施し安全安心の提供
  • SDGsによるハギレを活用した地域(松浦高校、介護施設、長崎県立大学)との取り組み
  • 新規市場開拓に向けた展示会出展及び企業とのコラボ企画の取組

Q 貴社の社風を教えてください。

全従業員がベクトルを合わせ全員力を発揮しより良いものしか作らないという執念と熟練の職人(マイスター=エミネントイレブン)をリーダーとして通常の1.5倍にも及ぶ123工程を経て真心をこめて高品質のスラックス作りに日々邁進しております。
人づくり=ものづくりの環境の中自由意見を出し合い女性管理職自ら工場運営に携わり女性の視点からのアイデアを出し改善の実行(1日1提案改善活動の実施)を行っています。
エミネントファミリーとして地域は家族との想いで 地域との絆を大切にして参ります。

Q 就活生にメッセージをお願いします。

管理部副部長
岡崎 須奈子さん

従業員満足度(Employee Satisfaction)を、アルファベット2文字でESと略しますが当社社名もエミネントスラックスでESと略します。そういったことも含め、従業員の満足度UPに努めてまいります。
仕事と育児・介護など働きやすい環境の整備を積極的に行い、活躍の場を提供します。今後とも働きやすい環境の整備に努めてまいります。次なる50年創業100周年に向け、文化を創造し、地域と共に発展してまいります。

企業情報

(株)エミネントスラックス 松浦工場
本社所在地長崎県松浦市志佐町浦免1676-2
設立1960年3月11日
資本金6510万円
従業員数190名
事業内容紳士スラックスの製造及び販売
代表者名代表取締役社長 前田周二
ホームページhttps://www.eminento.jp/

この記事を書いた人

松岡智史